忍者ブログ
東京都葛飾区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 本堂

所在地 葛飾区東新小岩7-8-2

真言宗
 八幡山 来迎院 上品寺じょうほんじ

 閻魔堂

 境内には『閻魔大王坐像』があります。

 八幡神社

  
大子堂
PR
 閻魔堂

所在地 葛飾区東新小岩7-8-2 (上品寺)

 当寺は、新義真言宗にして、八幡山来迎院という。
 この閻魔堂に安置する閻魔大王坐像は、高さ206cmあり、かって江戸16閻魔の一つとして栄え、区内最大のものである。
 閻魔大王は、地獄に住み18の将良と8万の獄卒を従え、死して地獄に墜ちくる人間の生前の善悪を正し、罪あるものには、苦しみを与える冥王として信仰する人が多い。
 当寺の閻魔は、江戸中期にもっとも盛んに信仰され、昭和47年(1972)に閻魔堂が新築され現在に至っている。
  葛飾区観光協会



所在地 葛飾区東新小岩8-6-20

  天祖神社




                      (写真左)稲荷神社 (写真右) 浅間神社


                      (写真左)多賀神社 (写真右) 道祖神社


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性